現在位置:トップページ>ch.4 TVシリーズ> 地球!夢の楽園紀行> #022 赤道直下の楽園クリスマス島 憧れのボーンフィッシュを追う

#022 赤道直下の楽園クリスマス島 憧れのボーンフィッシュを追う

クリスマス島は、キリバス共和国に所属する。珊瑚礁でできたものとしては最大規模の、388平方キロメートルの面積を持つ島である。島の名前の由来は、キャプテンクックの名で知られるイギリスの探検家、ジェームス・クック(ハワイ諸島を発見)が、1777年のクリスマスイブの日に、この島に到達したことによる。時間帯の関係で、地球上で最も早く日が昇る場所である。日本から行くには、ホノルルで飛行機を乗り継ぎ、約3時間のフライト。
この島は、海抜1メートル以上のところがない低いフラットな島で、人口はわずか3000名あまり。現代的な生活のためには不便なことが多いが、その反面、自然の豊かさ、海の豊穣さは特筆に値する。特に、地球上でも有数の広大な浅瀬やその周辺には、外洋からマーリンやセイルフィッシュ、巨大なバラクーダがやって来る。他にも世界中のダイバーを魅了してやまないマンタの群れをしばしば目にすることができる。そして、世界のアングラーがここを訪れる理由の一つが、美しい魚体と驚異的な泳ぎの速さで知られる「ボーンフィッシュ」を釣ることである。ボーンフィッシュは古代魚の一種で、透明度の高いきれいな浅瀬に、エビや貝などのエサを求めてやって来る。突然、姿を現したかと思うと、忽然といなくなったりすることから「浅瀬のゴースト」と呼ばれることもある。このアングラーにとって憧れの魚を釣るためにやって来たのが、フライフィッシャーマン安田龍司さんである。名古屋在住で本流のフライフィッシングを得意とする安田さんが憧れのボーンフィッシュを狙い、さらにはフライでジャイアントトレバリーに挑戦するまさにフィッシングパラダイス。

出演:
安田 龍司